*

イタリア人は マスクをしない!?

公開日: : メールマガジン

2020年2月メールマガジン

 

Buon Giorno!
ボンジョルノ!
おはようございます!

フィレンツェ観光ガイドサービス&
ブライダルフローレンス(海外挙式プランナー)

代表 片庭未芽(カタニワミメ)です。

今日も開封していただき、誠に有難うございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今月のテーマ
トピック:イタリア人は
マスクをしない!?イタリア人は
マスクをしない!?

編集後記:イタリアのエスカレーターに
食べられそうになった!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界中で猛威をふるっている
コロナウィールスは
もちろんイタリアでも
毎日のようにトップニュースで
取り上げられています。

特に,イタリア政府は中国からの
直行便は全て乗り入れ禁止と言う
政策を出しました。(今月末までの期限として)

しかし乗り継ぎ便を利用すれば
中国からも
イタリアに入ってくる事はできます。

最近は
ヨーロッパ全体の
アジア人に対する差別などの
ニュースが取り上げられているらしく,
不安になって連絡をしてくるお客様も
増えています。

実際のところイタリアでは,
都市部でも田舎でも
そこまで差別を感じることがありません。
(個人的には全く差別を受けた経験は
今までありません)

逆に昨日Firenzeのニュースで
やっていましたが,
中国人の移民が大変多い
プラトー地区(PRATO)では,
1日も早い感染症の収まりを祈って,
学校全体で(イタリア人もアジア人も一緒に)
中国にお祈りをするなどの行事を
しているのを見ました。

本当にこの恐ろしい感染症が
1日も早く治まることを祈るばかりです。

感染症の予防のために
日本や中国ではマスクが
売り切れていると言う
ニュースを聞きました。

やはりこういった恐ろしい感染症や
インフルエンザの時期は
マスクは重要です。

特に冬場日本ではマスク着用は
マナーの1つになっています。

風邪やインフルエンザなどが
流行するこの時期は,
外出時にマスクをするのが
当たり前で,
咳をしているのに
マスクをしていない人を見ると,
日本人ではマナー違反ですよね。

冬の時期に限らず
花粉症になる
春から初夏にかけても
日本ではマスクの着用率は
さらに高くなります。

日本人にとっては,
マスクをつける事は,
眼鏡をかける位の感覚です。

しかしイタリアには
マスクをつけると言う
日本のような習慣はまだありません。

私も冬に日本に戻ると
必ず毎日のように
マスクをして出歩きますが,
イタリアに帰ってくると
誰もマスクをしていないので,
周りからジロジロ逆に見られ,
恥ずかしくなって,マスクを
するのをやめてしまいます。

よくお客様から
「イタリアには花粉症がないんですか?」と質問されます。

イタリア特に中部のトスカーナ地方は
糸杉の木が多く存在し花粉症があります。

花粉症は現代病でもあり
多くの子供たちや大人も
このアレルギーに悩まされている
イタリア人が増えています。

日本人の方でも,
イタリアに来ると
花粉症がものすごくひどくなったと言う方と,
イタリアに来たら
日本にいるよりも軽いですと言う方に分かれます。

日本よりも少し暖かいので,
2週間前には日本に飛んでいる花粉が
イタリアに飛んでいるとも言われます。

(今年はすでにミモザの花が満開に
なり始めました!)

そんな花粉症に悩んでいる人でさえも,
マスクはしないんです。

私もかなり花粉症に悩んだことがあるので
この時期はマスクやメガネを離せませんでした。

ところがマスクをすると言う習慣がないので,
イタリア人はそのまま花粉症で悩み,
くしゃみをしたり鼻水を噛んだり,
この時期をヒスタミンや,
西洋漢方のような処方で
乗り越える人が多いです。

(マスクをすればもっと楽なのにと思うのですが)

「イタリア旅行でマスクを着用するのはNGですか?」

と言う質問を何度か受けたことがあります。

イタリアでマスクをつけてはいけないと
言う事は絶対にありません。

実際に、近年では光化学スモッグが
ひどいMilanoやTorinoでは,
テレビでイタリア人マダム達がマスクをしながら
お買い物をしたり,
公園を散歩しているのを
インタビューしている事を見たことがあります。
(もしかしてやらせかもしれませんが。。。)

ただし日本と比べると
かなりマスクの人口は少なく,
マスクをしていると,前述したようにかなり目立ちます。

最近は日本人の方だけでなく
アジア人の方(中国人や韓国人)も
マスクをしているので,
アジア人特有の習慣だと
観光地の人は思っています。

なので観光地ではそこまで目立たなくなりました。

でも観光地では無い,
イタリア人の多い街に行くと,
異様な目で見られたり,「あの人重病者なのかしら?」と
ささやかれたりするので,
そのうち私もマスクを取らざるをえなくなります。

個人的にあまり
イタリアでマスク着用を避けたほうがいいと
思った理由は2つあります。

その1つ目の理由は、
日本人観光客の多い観光地では,
「マスクを着用している人」=日本人
=「日本人観光客は金を持っている」と
思われていて,
スリやぼったくり等のターゲットに
されることが多いのです。

ただでさえ日本人は
スリに狙われているので
なるべく気をつけたいですよね。

2つ目の理由ですが,
イタリアは人の顔を見て
コミニケーションを交わす文化の国です。

マスクをしていると
顔の半分以上が見えないので,
それだけ相手にとって
コミニケーションを拒否しているように思われ,
あまりイタリア人からは
良い印象を持たれない可能性があります。

でも,イタリアに観光に来られるお客様には
必ずマスクを持参するようにお勧めしています。

なんだか矛盾しているお話なのですが,
特に日本からの長時間のフライトは
空気が乾燥しています。

マスクをすることによって,
喉の乾燥などを防ぐことができますし,
宿泊されるホテルも
かなりエアコンや暖房が効いていたりするので,
寝る時にもマスクが重宝します。

ただでさえイタリアは日本と比べて
湿度が少ないので,
乾燥し、のどあめが重宝します。

それと一緒にマスクをすることによって
風邪の予防をすることができます。

またイタリアの薬局や
スーパーにはマスクがほとんど売っていません。

売っていたとしても高額ですし
,使いにくいマスクですのでお勧めいたしません。

今は日本のどこのお店にも
マスクが置いていなくて,
困っていると言うご意見も聞きますが,
なるべく日本から持ってくることをお勧めいたします。

それでは
まだまだ寒い季節柄
皆様どうぞご自愛くださいませ。

<<<<<<編集後記>>>>>>>

以前イタリアの古いエレベーターに
閉じ込められて大変な目にあったと言う
お話をしたことがあります。

なんと今回は,
イタリアのエスカレーターに
飲まれそうになりました!!

日本でも何年か前に
クロックスを履いていて
エスカレーターに足を引き込まれ,
足を切断しなければいけなかったと言う
被害者が出たのを覚えていらっしゃいますか?

実はそれにかなり近い
恐ろしい経験をしてしまいました。。。

フィレンツェの中央駅の真ん中に
地下駐車場に降りるエスカレーターがあります。

たまたま電車まで時間があったので,
地下の喫茶店にでもいきましょうと言うことになり
エスカレーターに乗っておりました。

ちなみにこのエスカレーターは
3ー4年前にできたばかりなので
そんなに古いものではありません。

私が愚かだったのは,
その時かなり長いスカートを履いていたんです。

大きなスーツケースを持っていたので
自分の足元をあまり気にしていませんでした。

エスカレーターを半分以上下がったときに
ふと自分のスカートが
下に引っ張られているのを感じました。

「なんでスカートが落ちてきているんだろう?」と思い
スカートを直そうと
上に引っ張ったところ,
どんどんと、スカートが
言うことを聞かずに下に下がっていくんです…

『誰かに引っ張られている?」と思いましたが、

はっと見ると
自分のスカートの裾が
エスカレーターの横に巻きついて
ドンドンと引っ張られているではありませんか…!!!!

まだ寒い冬なので,
大きなダウンコートを着ていたのですが,
ダウンコートの下は
スカートが引っ張られて
下着が見えている位引っ張られていたんです。。。。。!!
(かなり恥ずかしい状態でした!)

瞬間,そのスカートの端を
切ればいいと思って
引っ張ってみたのですが,
かなり頑丈な生地で,全く切れません。

あっという間に
エスカレーターは下についてしまい,
私のスカートが
ドンドンとエスカレーターの中に
引き込まれようとしているではないですか!

その時に
「このままいったら足が引き込まれていってしまう!!」
と恐怖におののきました…

「Aiuto!!!」
助けて!!

と叫びましたが,
誰もエスカレーターを止めてくれません。

スカートとエスカレーターと
格闘しているときに
私の目に入ったのが
エスカレーターの下にあった
小さな赤いボタン。

自分の本能で、
必死にそのボタンを押したところ
エスカレーターが緊急停止しました。。。。。

「良かった。。。。」

「自分で自分の身を守った私は偉い!!」
と後で思いましたが…

エスカレーターが止まったおかげで,
足が巻き込まれる事はありませんでしたが,
スカートはうんともすんとも言わず,
そのままエスカレーターと
一生過ごさなければいけないのか??
と思うほど,スカートの生地がきれなくて困っていました。

通りがかりの人に
「ハサミを持っていませんか?」

「カッターみたいなの持っていませんか?」と
尋ねましたが、だれも持っていません。

仕方ないので
通りがかりの人に
「隣のバールに行って包丁でももらってきてくれませんか?」と
嘆願しましたが,誰ももらってきてくれません。

やっと通り掛かった警備の人が
持っていたナイフを貸してくれて
それで私のお気に入りのロングスカートの端を
びりびりと切り何とか解放されました。。。。

一件落着。。。。。

なんとそのまま、出張にビリビリのスカートで
行きました。。。。

教訓:「ロングスカートを履いてエスカレーターに乗るのはやめましょう!」

<<<<<<<<< オススメ情報!>>>>>>>>>>>>

****** イタリア観光の無料相談受付中!*******

これから、次の旅をお考えの貴方に!
是非、「美食&美術と歴史&買い物三昧!」のイタリア観光をお勧めいたします!
ガイドブックや、ネットでは、載っていない現地在住のフィレンツェ観光ガイドサービス代表片庭みめが、貴方の旅をコーデイネート!

イタリア5大観光都市
ローマ、フィレンツェ、ベネツィア、ミラノ、ナポリ
以外の穴場スポットまで全てオーガナイズ可能です!

まずは、メールにてお気軽にご相談くださいませ!
このメールにご返信いただくと、私代表 片庭未芽(カタニワミメ)に直接届きます。

ご相談はコチラ >>>>>>
=>firenzegaido@yahoo.co.jp

フィレンツェ観光ガイドサービスのホームページはコチラ>>>>>

=>http://guideassociation.com/

****** イタリア海外挙式をお考えの貴方に!*******

現地日本人ブライダルプランナーと創るイタリア挙式
ご相談から、挙式当日まで一貫して貴方だけのコーデイネーターが担当なので、安心です!

本場イタリアの伝統的なキリスト教会挙式でパイプオルガンに包まれながら。。。
または、歴史的建造物であるイタリア式宮殿挙式、さらに、開放的なガーデンを持つヴィッラからの絶景を背景に挙式など。。。

貴方に合わせたオリジナル挙式プランをご提案させていただきます!

無料ブライダル相談実施中!
(スカイプや、LINEでのアポイント制で行っております)

まずは、お気軽にこちらのメールにて、ご相談くださいませ!

お問い合わせはコチラ>>>>>>>
=>bridalflorence@yahoo.co.jp

ブライダルフローレンスのホームページで、挙式プランをチェック!>>
=>http://bridalflorence.com/

<<<<<<<<<<配信元情報>>>>>>>>>>>>>

フィレンツェ観光ガイドサービス 代表 片庭未芽 (カタニワ ミメ)

Via G Silvani 10 Firenze 50125 Italia
mobile +39-3395471163 mail: firenzegaido@yahoo.co.jp
website: www.guideassociation.com
Blog: http://ameblo.jp/myfirenze/

代表 片庭未芽(カタニワミメ)のFACE BOOK、Twitter、ブログ、
Youtubeはこちら=>>>>>>>>>

片庭みめのFACE BOOK
=>https://www.facebook.com/mimefirenze

片庭みめのTwitter(つぶやき)
=>https://twitter.com/myfirenze

片庭みめのブログ
=>http://ameblo.jp/myfirenze/

片庭みめのYOUTUBE(イタリア生映像をお届けしています!)
=>https://www.youtube.com/channel/UCBA9uUGktmChypQe1Yb4TYw

イタリア観光や、イタリア挙式に興味があるお友達に、是非、このニュースレターをご紹介くださいませ。
そのまま、転送頂いても結構です。

***********最後に****************

このメールマガジンはフィレンツェでガイドやアテンド
ブライダルコーディネートでご縁をいただきました方々、そのほかお問い合わせいただいた方方へお送りしております。もしこのようなメールが不要な場合は以下の解除リンクで配信停止いただけます。

※今後このニュースレターの配信を希望されない場合は
以下をクリックしてください。
ワンクリックで配信停止されてしまいますので、
お気をつけください。

http://bridalflorence.com/distribute/cgi-bin/apply.cgi?id=13664031054436&md=cancel&userid=06147&mail=sugiyama1029@opal.plala.or.jp

本当に停止されますか?次はもっと面白いと思うのですが。。。。



関連記事

「1月1日を 新年と決定したのは イタリア」ってご存知でしたか?

2020年1月メールマガジン ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事を読む

イタリアがゴーストタウンに化した日

2020年3月メールマガジン Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようござい

記事を読む

世界遺産ベネチアが水の下に沈む日は近い!?

2019年11月メールマガジン   Buon Giorno! ボンジョルノ! おは

記事を読む

年末年始のイタリア旅行をするときの 魅力と注意点

12月メールマガジン   年末年始のイタリア旅行をするときの 魅力と注意点 冬のイ

記事を読む

何故イタリアでコロナウィールスが 早期拡大したのか? 6つの原因を解く!

メールマガジン4月2020年   ーーーーーーーーーーーーーー 本日のトピックス:

記事を読む

イタリア旅行のお土産で 喜ばれるモノとNGだったモノ

2019年10月メールマガジン     Buon Giorno! ボンジ

記事を読む

もうすぐ日本も消費税上がりますが、 イタリアはもっと上がります!

メールマガジン 9月   日本は10月から 消費税が8%から 10%に上がるという

記事を読む

イタリアの警察って6種類もある!?

2019年8月メールマガジン     イタリアの観光地には、 必ずセキュ

記事を読む

イタリアにはエアコンがない!?

2019年7月メールマガジン Buon Giorno!ボンジョルノ!おはようございます!

記事を読む

最低でも知っておきたい! 5つの常識: 天才レオナルドダビンチ

2019年6月メールマガジン 今年2019年は天才レオナルドダヴィンチ 没後500周年

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    info@guideassociation.com
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!




  •