*

il Papiro(イル パピロ):マーブル紙

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 イタリア・フィレンツェショッピングベスト10


フィレンツェ発祥のマーブル紙の作成行程を見学できるお店です!

住所 via de'tavolini 13r Firenze tel 055-213-823

オフィシャルサイト http://www.ilpapirofirenze.it/

お店のご紹介

imageimage image

フィレンツェ伝統マーブル紙を使った可愛いステーショナリー(文具)を買うならココがお薦めです!

フィレンツェのシニョーリア広場とドゥオーモの間の細道via de' tavoliniタヴォリーニ通りにあるマーブル紙のお店です。


マーブル紙というのは、日本の墨流しが中国に伝わり、シルクロードを使ってここヨーロッパに入ってきたと言われます。

日本の墨流しは白黒のモノトーンのデコレーションですが、1800年代にイタリアらしくアクリルカラーを使った

カラフルなマーブル紙がここフィレンツェで生まれたそうです。

マーブル=大理石の様な模様を作りだすという意味です。

もともとは、本の裏表紙のデコレーションとして使用されていたのですが、今では、

この職人さんの作った美しい手作りのマーブル紙を使ったステーショナリー(文房具用品)を

様々に取り扱っているお店です。


とてもカラフルな文具用品は、フィレンツェ、イタリアらしいお土産ものには最適です!


ここはお店の奥に小さな工房見学スペースを設けているので、職人さんがいつでもマーブル紙の職人芸を見せてくれます!

職人技を真近で見る!


このお店の特徴は、ただ買うだけではなく、実際にどのような過程でこのマーブル紙というのが作られているのかを、お店の奥の小さな工房スペースで見学する事が出来るようになっているのです!勿論予約なんて要りません。
お店のマエストロに是非見たいのですが!と一言言えば、親切に解説付きで(英語かイタリア語ですが)職人技を見せてくれます。
上の写真:(真剣な眼差しでマーブル模様を出していく職人マエストロの姿)

image

魔法の様な職人の技によってできるマーブル紙の作成行程を見て感動!


このマーブル紙の行程に使われる特殊なのりは、壁紙を張る用の糊に大変似ている素材で、アクリル絵の具が混ざらないように定着される働きを持っているために、絵の具を落とした後、ブラシや棒などの小道具を使う事によって、不思議な模様を生み出す事が出来るのです。もちろんプリントしているものではないので、一枚一枚、このように職人さんが模様を出していくために、一枚たりとも同じ模様になる事がないのです!世界でたった一枚の貴重なマーブル紙という事です。

お店の中の様子

店内も落ち着いたインテリアで、カラフルなマーブル紙に囲まれています。

 

マーブル紙を使ったステーショナリーが一杯あって、迷ってしまいますね!

(結構お値段は高いですが、一枚一枚手染めで手作りと思ったら、安いものです!)

 

お薦め商品:オリジナルマーブル紙を使った手帳類、ノート類

マーブル紙を表紙に使った、手帳や、ノート類は、ステーショナリー好きには、たまりません!


この工房で作られる本格的なマーブル紙の紙自体を売ってもいます。

自分自身でクラフトされる方は、このオリジナルのマーブルペーパーを購入して、貴方だけのオリジナルステーショナリーを作るのも素敵ですね!

 

ハート型の箱もマーブル紙を上手に使っていますね!

 

image

お薦め商品:ペーパークリップ


アニマルの形の模ったペーパークリップは、人気商品の一つです!大きいクリップから小さい物まであり、猫や、フクロウ、イルカやウサギ等可愛らしい形がそろっているので迷ってしまいます!

 

 

image

お薦め商品:マーブル紙を巻いた鉛筆


こんなカラフルな鉛筆を持ったら、文字を書くのも楽しくなりますね!鉛筆のほかにボールペンや、色鉛筆セットなどもありますよ。

日本人の観光客に一番人気の写真立て!(上記写真)

 

マーブル紙を作るデモンストレーションの動画

店内の様子の動画

<お客様の口コミ一覧>

「とても職人肌の人がマーブル模様の染め紙を染め いろいろな商品を作っています。

勿論 その工程だって 喜んで見せてくれます。
小物も多いので場所を取らないステキなお土産に成る事間違いなし(●^∀^)b⌒☆

私も友達に使い捨てのボールペンをあげましたが 大好評でした。

箱もペンに巻いてある紙も全て手作業。 微妙に柄が異なります。 お薦めです。 」

 

(金沢市 Mさん)

 

「IL PAPIROという イタリアでは多く見かける チェーン店です。 ローマにも3,4店舗あると思いますし、

オルビエートにもあります。 フィレンツェだけでも 5店舗もあります。

紹介する店舗では、実際にマーブル紙がどうやって出来るのかを 実践して見せて下さいます(ほんの5分足らず)。

あっと言う間に出来上がり! 陽気なおっちゃんが、面倒そうな作業を 楽しそうに実践してくれます。

上記の様なマーブル紙で作ったブックカバーの数々。。 一つ19ユーロです。

店内には、他にも 腐食銅版画のポスターや、額絵など。

又、パピルス紙風のレターセットやメッセージカードなど、色とりどりの オリジナルの手作り商品が、

所狭しと並んでいます。 こういうお土産も、話のタネになりますね。」

(神奈川県 yさん)

関連記事

Officina Profumo Farmaceutica di S.M Novella:サンタマリアノヴェッラ薬局

ヨーロッパでもっとも古い薬局といわれる サンタマリアノヴェッラ薬局

記事を読む

Stampe d’Arte L’Ippogrifo  (スタンペ ダルテ リッポグリッフォ):エッチング技術で描いたアートのお店

アルノ川左岸地区の職人街にある小さなエッチングスタンプのお店。

記事を読む

I Mosaici di Lastrucci :フィレンツェ風モザイク(大理石加工)

メディチ家の考えたフィレンツェ伝統工芸「フィレンツェ風貴石モザイク」の工房

記事を読む

Scuola di cuoio Firenze(皮革職人専門職人訓練学校):

フィレンツェの伝統工芸:皮革職人芸の伝統を伝承する職業訓練校。

記事を読む

Mercato centrale (メルカート チェントラーレ):中央市場で現地食料品を調達!

イタリア人の胃袋が分かるメルカート(食料品専門市場)に行ってみましょう!

記事を読む

西洋漢方店(ハーブティー調合):ERBORISTERIA DE HERBORE snc (エルボレ)

エルボリステリア(西洋漢方薬局)でハーブティーを調合してくれるお店

記事を読む

Le Telerie Toscane(レ テレリエ トスカーネ); トスカーナファブリック(キッチン&バス用)のお店

  キッチンファブリック専門店!フィレンツェの伝統

記事を読む

Infinity(インフィニティ):皮革製品の職人の店

フィレンツェ伝統工芸「皮革製品」職人工房兼お店です。特にサイズオーダーベ

記事を読む

Parrini(パッリーニ) :テッラコッタ(イタリアン陶器)手書き職人のお店

陶器手書き職人のお店の前には,カラフルな色どりの陶器類が並び、通る人の目を喜

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    firenzegaido@yahoo.co.jp
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!