*

Officina Profumo Farmaceutica di S.M Novella:サンタマリアノヴェッラ薬局

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 イタリア・フィレンツェショッピングベスト10


ヨーロッパでもっとも古い薬局といわれる サンタマリアノヴェッラ薬局

1385年から、サンタマリアノヴェッラ教会のドメニコ会派の修道士達が、病気の市民に自分達が育てていた薬草を分け与えていた事から始まっているといわれる、ヨーロッパでもっとも古い薬局。

 

ショップ情報

住所 :via della scala 16 Firenze

Tel.055 216276

ショップサイト:http://www.smnovella.it/

 

 

お店のご紹介

 

image image

 

上の写真:サンタマリアノヴェッラ薬局は、もともと古い由緒あるドメニコ会派の修道院を改装して作られた所なので、

中に入るとフレスコ画や飾り円柱、ゴシック様式の尖塔アーチなどまるで教会美術館に入ったような

素晴らしい装飾に驚かされます!

ここではかの有名な映画「ハンニバル」(羊たちの沈黙の第二弾)アンソニーホプキンス主演の

撮影にも使われた事で知られています。 


中央駅からとても近い立地条件にありながら、とても分かりずらい入口。

間口は狭いこの様なセレーナ石のアーチ型の豪華なそれでいて色がグレーなので

あまり目立たないエントランスが目印です。


ただ、薬局といっても本当に病気になった時に使う薬というのは置いていません。

コスメティック用品特にクリーム、化粧水、石鹸、香り等が主のお店です。

image

店内に入ると、まずはその美しい内装に魅せられます!買わなくっても十分見学に行くだけの価値があるスポットです!。


サンタマリアノヴェッラ教会は13世紀に建設されたフィレンツェを代表する

イタリアゴシック建築の最高傑作といわれる建物です。

そんな教会に属する修道院ですから、それに相応しい内装に装飾されています。

薬局というイメージではなくこの空間はどこかの美術館に入ったような錯覚に陥る雰囲気です。 。


正面の大広間だけではなく、大変広い空間になっているので、どこの部屋に入っても

それぞれオリジナルのフレスコ画や壁の装飾が見学することができます、

最近は事前予約しておけば中のガイディングもしてくれるというサービスを行っています。

image

奥のエルボリステリア(西洋漢方薬局コーナー)からは、非公開の修道院「grande chiostro]の様子を

垣間見る事が出来るのです!


フィレンツェの街は、古い建物が、美術館として一般公開されているものもあれば、

ここの様に警察学校が入っていたり、公共機関として使用されている場合、

一般人は入る事が出来なくなっています。

ここの場合も、イタリアのquestura警察の管轄になってしまったために入る事が出来ない

美しい回廊の様子をこの窓から少し見る事が出来るんです!

美しいフレスコ画などが残っているのが見れてしまします!

 

人気商品のご紹介


やはり、ここの一番売れ筋商品はこちらです!

「sapone di melograno] ザクロの美顔ソープ!

ザクロのエキスはお肌を健康にツルツルにしてくれるという効果があるそうです!

大きいサイズと小さいサイズを用意しています。

このほかにもオリーブオイル石鹸、バラの香りのミルク石鹸等も人気です!

価格は小さいので13ユーロです。

 

人気商品のご紹介!


こちらの香り袋は、サンタマリアノヴェッラ薬局オリジナルのポプリが入っている芳香剤です。

通常は箪笥の中に入れる用ですが、お部屋に置いておいてもとてもレトロな独特の香りがします。

このシルクサッシュはフィレンツェのかつての繁栄したシルク産業を代表する質のいい絹を使った入れ物で、特にポプリ入れは豪華なここの金色の刺繍がしてあるのが存在感がありますね!image

image

人気商品まだまだあります!!


プレゼント用にとても素敵なのが、お箱に入った本物ミニローズのお部屋の芳香剤です!とても上品な香りを放つミニローズは、香りだけではなく、その美しさもあるので、お部屋のインテリアの一つになりますね!

image

お土産用のパッケージもとても素敵な高級感のあるものに包んでくれます!。


店員さんが一つ一つ丁寧にお土産用にパッケージを包んでくれます!

 

 

サンタマリアノヴェッラ薬局のコスメティクス類は、パッケージもとてもレトロで

お土産にはとても重宝します!

 

化粧水もたくさん種類があるのですが、全部、ガラス瓶なので、日本まで持って帰るのは、ちょっと大変ですね。。。

 

この可愛い缶の中に入った、「パスティッケ」というのは、ミント飴です!

これは、結構お土産に人気です(小さくて、持ち運びしやすい)

 

サンタマリアノヴェッラ薬局発祥の「オーデコロン」

ケルンの水という名前で、作られた香水はここが発祥地なのです!

色々な香りの牛乳石鹸は、タンスの香りとしても使えますね!

 

この薬局の伝統的なリキュール類も豊富に取り揃えております。

リキュール類は、昔は、アルコール飲料として摂取するものではなく、

薬として使われていたのです。

 

余り親切心がない店員が殆どなのが残念ですが、ちゃんと、包み袋とリクエストすると、個別に用意してくれますよ。

愛層は殆どないですが、ここはイタリアなので日本の様な親切心は存在しません。

お客様は神様ではなく、店員が神様という事を理解して低姿勢で行く事をお薦めします。。。

関連記事

Stampe d’Arte L’Ippogrifo  (スタンペ ダルテ リッポグリッフォ):エッチング技術で描いたアートのお店

アルノ川左岸地区の職人街にある小さなエッチングスタンプのお店。

記事を読む

I Mosaici di Lastrucci :フィレンツェ風モザイク(大理石加工)

メディチ家の考えたフィレンツェ伝統工芸「フィレンツェ風貴石モザイク」の工房

記事を読む

Scuola di cuoio Firenze(皮革職人専門職人訓練学校):

フィレンツェの伝統工芸:皮革職人芸の伝統を伝承する職業訓練校。

記事を読む

Mercato centrale (メルカート チェントラーレ):中央市場で現地食料品を調達!

イタリア人の胃袋が分かるメルカート(食料品専門市場)に行ってみましょう!

記事を読む

西洋漢方店(ハーブティー調合):ERBORISTERIA DE HERBORE snc (エルボレ)

エルボリステリア(西洋漢方薬局)でハーブティーを調合してくれるお店

記事を読む

Le Telerie Toscane(レ テレリエ トスカーネ); トスカーナファブリック(キッチン&バス用)のお店

  キッチンファブリック専門店!フィレンツェの伝統

記事を読む

Infinity(インフィニティ):皮革製品の職人の店

フィレンツェ伝統工芸「皮革製品」職人工房兼お店です。特にサイズオーダーベ

記事を読む

Parrini(パッリーニ) :テッラコッタ(イタリアン陶器)手書き職人のお店

陶器手書き職人のお店の前には,カラフルな色どりの陶器類が並び、通る人の目を喜

記事を読む

il Papiro(イル パピロ):マーブル紙

フィレンツェ発祥のマーブル紙の作成行程を見学できるお店です!

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    firenzegaido@yahoo.co.jp
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!