*

Enotaca Pinchiorri(エノテカ ピンキオッリ)

 

 

常にミシュラン3つ星に輝くフィレンツェのスター!エノテカピンキオッリは、一度は訪れてみたい!世界中からの憧れのレストランです!

 

今年2017年は、イタリア中でミシュラン3つ星受賞した8つのレストランの中でも

老舗中の老舗であるエノテカピンキオッリ。

ドレスコードや、ネクタイ必須などの条件はいろいろありますが、やはり、美食家の方なら、一度は訪れてみたい

レストランでしょう!

アラカルトもありますが、折角でしたら、是非「ティスティングメニュー」でここのシェフの腕の見せ所を

味わってみましょう!

エノテカという名前の通り、「ワインを楽しむ」のがモットーであるレストランですが、

ワインを飲めない日本人の方でも大丈夫です。(もちろん1杯ぐらいは飲めた方がいいですが)

BUON APPETITO!

 

 レストラン内の様子(上記写真)

 

レストラン詳細

レストラン名 enoteca pinchiorri (エノテカ ピンキオッリ)
住所 Via Ghibellina 87 50122 Firenze
行き方 フィレンツェの東側サンタクローチェ教会地区に存在する。中心街からだと、ヴェッキオ宮殿の裏にあるバルジェッロ国立博物館の建物前がvia ghibellina 通り。そこから真っ直ぐ東側に徒歩で15分ほど歩いた左側にあるホテルrelais&chateauxの一階に入っているのがエノテカです。入口付近には19時30頃から沢山の黒服を着たcameriereが待機しているのですぐわかります!
電話番号 .+39 055 242757 +39 055 242777
営業時間 夜のみ営業19:30-23:00
定休日 日曜日、月曜日、8月、クリスマスシーズン
予算 夕食お一人220-250ユーロ(フィックスメニュー)ドリンク別
サイト http://www.enotecapinchiorri.it/

お店の雰囲気とお薦め料理

やはりフィレンツェといえば、この超有名レストランエノテカピンキオッリでしょう!

唯一ミシュランの星付きを誇るお墨付きの味です。

場所は中心街から東側のサンタクローチェ教会地区のvia ghibellina ギベッリーナ通りに面した

ホテル内にあります。

入口の雰囲気からして、ゴージャスな感じですね!

もちろんドレスコード必須です。

何よりも店内で働くcameriere店員の数の多さとサービスの良さには驚きます。

まず、あいさつでオーナーであるジョルジョピンキオッリ氏自ら挨拶に来る事もあります。
日本人ビイキな方なので、機嫌がいいと、お薦めのシャンパンをついでくれる事もありますよ!


予約は必須で、特に事前に予約してから、さらにコンファームとして当日に電話でもう一度予約を確約するというシステムを取っています。

もちろんお値段もフィレンツェ一ですが、一度行ってみる価値は十分あります!


最近、残念ながら東京銀座のエノテカ支店が閉店してしまったので、(名古屋店がまだ開いているらしいですが)

唯一この最新のシェフが作りだす美食はこのフィレンツェ本店でしか食べれなくなりました。


コース料理の場合は特に3時間はゆっくりと時間を取って出てくるので、休息を取ってから出かける事をお薦めします!

店内に入るとまずは調度品の素晴らしさに注目してください!

フィレンツェは昔から伝統工芸職人の街。

ルネッサンス時代から、銀細工職人、(もちろん金細工も)等の有能な職人の街でした。

今でもこの様なレベルの高い職人が存在します。

エノテカはそんなフィレンツェの伝統工芸職人とコラボレーションしているのが分かります。

フィレンツェ風の銀細工のしてある花瓶は陶器と違ってその重みと高級感を醸し出してアクセントになっています!

こちらは、ミネラルウォーターメニュー表。

表紙に使われているのは、フィレンツェ発祥のマーブル紙です!

大理石の模様のようになっているのでこの様な名前が付いていますが、

1800年代にフィレンツェの職人giulio giannini氏によって開発された、

日本の墨流しから発想を得ているといわれるもの。

ワインリストは、百科事典の様な厚さを持つほど、ここはエノテカ(ワインの図書館)といわれる程の

ワインコレクションを誇っています!

ご紹介するのはティスティングメニューといわれる20品のメニューを少しずつ味見していくコース料理です。

まずは彩美しいantipasto前菜のグループが勢ぞろいしました!

食べるのが勿体ないほどの美しさですが、実際に食べてもどれも美味しいのです!

小さいので一口で食べられてしまいます。

一皿目(primopiatto)として出てくるのは、

フィレンツェの伝統料理pappa al pomodoro(パッパアルポモドーロ)トマトのパン粥

という家庭料理をエノテカピンキオッリのシェフ流にアレンジした新しいレシピ!

このピンクの泡がトマトのエキスから作った泡だそうです!

味が新しいだけでなく食感も新しい!  

次のお料理に入れるためのオリーブオイルセレクトとお塩コレクションのトレーです!

トスカーナは指折りのオリーブオイルで知られているのですが、

このレストランはさすがに個人の好みによってオリーブオイルお塩の味を選ぶことができます!

 

真剣な眼差しのcameriereカメリエーレ(ウェイター)は全員がプロフェッショナルに教育を受けていて、

サービス精神旺盛!イタリアでは珍しい事です!

イワシのフライという小さなお料理にも関わらず、

ガラスのまな板に乗せられた食材たちは詩の中の主人公達のようにも見えます!

タコのサラダもすごく小さいサイズですがカリッと焼いてあって、

お口の中でタコの美味しさが充満するハーモニーを楽しめます!

セコンドピアット(第二の皿)である鴨肉のステーキは程よくレアに仕上げてあって

甘いフルーツソースとズッキーニのフライとマッチして何とも言えないお味です!

大皿に盛り付けされたお肉料理は、まるで絵画の様なデコレーション!

ご覧ください!これは食べ物を越えた芸術品です!

苺のカラメルとミルクアイスクリーム。

ここのシェフは本当に世界的にもトップクラスというのが分かりますね。

苺のカラメルも甘酸っぱさがお口に広がる新食感!

デザートはこれで終わりと思ったら大間違えです!

自家製ケーキを好きな分だけカットしてくれます!

何とも言えず美味しかったのがこちらのデザートです!

カラメルの様な触感の外側にクリームがはさんであるものでお口の中でとろける瞬間に

良い香りが広がるという計算されたお菓子!

とても小さいので一瞬でなくなってしまいました!

極めつけは、このチョコレートセレクション!!

どれでも食べてみたい気分になりますが、もうこの時点ではお腹いっぱいになってしまっているのが残念!!

カレー味のチョコですとか、ペペロンチーノ味のチョコですとか珍しい味が勢ぞろい!

全てチョコレートもここのシェフが作っているそうです!

極めつけはコーヒー!!コーヒーもリストからセレクションできるんです!

シュガーケースもお洒落!!

 

エノテカピンキオッリのメニュー一例

(季節によってメニューは変わります)

"Venti d' Estate" (2012夏メニューティスティング)夏の風

Pepita di quinoa e nocciole
Eclaire di Parmigiano e avocado
Cornetto di mozzarella e pomodoro
Croccantino al mais
Panzanella
Polipo all' olio di oliva
Alici dorate
Uovo al cubo
Agnolotti alla ricotta
Piccione e asparagi 
Fonduta di Taleggio 
Acqua di mela 
Pesca a 90 gradi e a meno 160 gradi
La sfera al lime e menta 
La meringa alle barbine rosse
Menu degustazione con 15 assaggi ? 200,00 a persona, vini esclusi
ティステングメニュー15品200ユーロ(お一人)ドリンク別
アラカルトメニュー
Uovo in camicia con burro alle acciughe e verdure del nostro ortoアンチョビと野菜の卵料理 ? 50,00
Orata marinata al finocchietto e basilico,
con quinoa allo zenzero, maionese di patate e barbine rosse
クロダイのマリネ(フェンネルとバジル) ? 80,00 
Composizione di asparagi: in insalata
saltati con semi di papavero
in purea con gamberi rossi
アスパラガスのコンポジションサラダ(野生ポピーの種と赤エビのピューレ) ? 80,00 
Le minestre… (スープ)
Spaghetti alla chitarra con scampi e pomodoro fresco
手長エビとフレッシュトマトのパスタ ? 60,00
Mezzi paccheri con vongole allo zafferano, melissa,
bottarga e crema di fiori di zucca 
サフラン風味のボンゴレとカラスミのズッキーニの花ソースのパスタ ? 70,00
Risotto con cipolla fondente, capperi di Pantelleria e fonduta di Taleggio
玉ねぎのリゾット、ケーパー&タレッジョチーズノフォンドゥ ? 60,00
Servizio e coperto inclusi
サービス料とテーブル料金込み

関連記事

Ristrante Il PALAGIO リストランテ イルパラージョ

   フィレンツェで最も高級ホテルと言わ

記事を読む

TRATTORIA OMERO(トラットリア オメロ)

フィレンツェ地元人が愛する伝統的なトラットリア(少しランクの高い):旧市街の

記事を読む

ristrante borgo san jacopo (リストランテ サンヤコポ)

フィレンツェのちょっとお洒落で雰囲気の良いテラスから、アルノ川のパノラマを眺めながらのお食事

記事を読む

trattoria antellesi (トラットリア アンテッレージ)

フィレンツェ中央駅から、国立美術館であるメディチ家の礼拝堂に向かって徒歩5分というベストな立

記事を読む

Quattro leone(クアットロ レオーネ)

  フィレンツェのアルノ川左岸地区にある、老舗人気トラットリア。 フィレンツェの地元客も

記事を読む

OPEN BAR: GOLDEN VIEW(オープンバール)

      フィレンツェの美しいパノラマを見ながら、美味しい手打ちパスタを食べ

記事を読む

Trattoria Sabatino  (トラットリア サバティーノ)

地元フィレンツェ労働者達がランチに利用する、穴場トラットリア(食堂)をご紹介します!

記事を読む

osteria del porcellino  (オステリア デル ポルチェッリーノ)

フィレンツェの街のど真ん中で、(ヴェッキオ橋近郊)ランチタイムサービスがたったの12ユーロ!とい

記事を読む

osteria l’antico noe(オステリア アンティーコ ノエ)

フィレンツェの地元っ子ご用達! 安い、旨い、サービス良しの3点揃ったレストラン。

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    firenzegaido@yahoo.co.jp
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!