フィレンツェの下町と言われるアルノ川左岸地区へ!

職人の街と言われるフィレンツェの本当の姿がここにあり

ピッティ宮殿や、ボボリ庭園という観光スポットと、職人工房が軒を並べるフィレンツェの下町をご紹介します。

ピッティ宮殿

image

ピッティ宮殿は、メディチ家やロレーヌ家、サヴォイア家が住居とした歴史ある建物


大銀行家ルーカ・ピッティの住居だった宮殿をメディチ家が16世紀に購入し、拡張していった大きな宮殿。この中には、今現在、5つの美術館が入っています。 絵画中心のパラティーナ美術館、近代絵画美術館、銀食器美術館、陶器博物館、衣装博物館等。そして、宮殿の後ろには広大なるボボリ庭園が広がり、喧騒的な中心街からくる旅行客を豊かな緑でリラックスさせてくれる場所でもあります。

image

後期ルネッサンス絵画を鑑賞するならこのパラティーナ美術館へ!


1620年前後、メディチ家のコジモ2世はピッティ宮殿が有する膨大なコレクションの土台を築き、その後代々のメディチ家の大公やロレーナ家が美術館を充実させ、1828年ロレーナ家のレオポルド1世が、パラティーナ美術館または宮殿美術館Galleria del Palazzoと称して一般公開するに至る。 絵画館には各大公・王家によって購入された絵画や彫刻のほか、遺産相続によって加えられたものも含まれる。たとえば17世紀末、メディチ家のフェルディナンド2世の妻であったウルビーノ公家最後の公爵婦人、ヴィットリア・デッラ・ローヴェレの死後受け継がれてフィレンツェに運ばれた、ラファエロやティツィアーノの作品などがその例である。 パラティーナ絵画館はかつてメディチ家の住居であった部屋々々によって構成され、作品は当初の配置が保たれている:順序は年代別でも様式別でもなく、大方無秩序に大きさにあわせて並べられている─たとえば、大きい絵や祭壇画は宮殿正面側の大きな部屋に集められ、展示されている─、あるいはメディチ家やロレーナ家の希望に沿った順序になっている。その希望とは美術史の展望という観点ではなく、広範囲にわたるコレクションの傑作の数々を誇示するというものである。

image

中心街の喧騒から少し緑豊かなボボリ庭園でリラックス!


中庭を含む壮大な眺めのこの庭園は、ジャンフランコ・スズィーニの繊細な作品、アンティチョークの噴水に始まり、それから6つのグループに整然と分けられた、観客席のある巨大な野外劇場があります。野外の観劇等のための1600年代の建築です。 庭園装飾の建築的作品の中で、長く、堂々たる「糸杉の並木道」の奥に造られたイソロット広場の噴水は、建築物として、また、風景観点からしても素晴らしいものです。 これは、ジャンボローニャが事前にデザイン、彫刻した、水の動きが楽しいオケアーノスの噴水を引き立たせる様、建築家アルフォンゾ・パリジ・イル・ジョヴァネが1618年に素晴らしく完成させたものです。 ボボリ庭園を行きながら、1700年代後半の巨大な建築装飾的に植えられた木々の為の温室である、素晴らしいレモンのハウスを是非訪ねてみましょう

フィレンツェの下町と職人工房

image

サンフレディアーノ地区やサントスピリト地区は職人工房が並ぶ


アルノ川左岸地区は、まだ、フィレンツェの下町と言われ、平日は職人さん達が、工房で伝統工芸を受け継いでいる職人芸を見せてくれる機会があります。(もちろん要予約)最近は、職人の高齢化が進み、工房閉めてしまう場合が多い中、現存している職人芸を見る事は貴重な事でもある。

お薦めコースランキング

やっぱり美術鑑賞コース

image

スタンダード半日観光(初めての方にお薦め!)、アーテイストで選ぶコース、キリスト教のテーマコース、メデイチ家コース

詳細をみる

ほっと一息トスカーナ州

image

◆ピサ斜塔 ◆シエナ・サンジミニャーノ ◆オルチャ渓谷 ◆キャンテイ地方 ◆チンクエテッレ ◆ルッカ ◆アレッツオ等

詳細をみる

職人工房見学・体験もの

image

アウトレット(グッチ・プラダ)から、皮細工・靴職人等の工房見学・イタリアン料理・語学教室・ワイナリー見学、乗馬体験等

詳細をみる

ガイド 片庭みめの履歴について

image

経歴について


1973年 神奈川県 川崎市生まれ
1989年〜1992年 神奈川県立川和高校
1992年〜1996年 学習院大学経済学部経営学科 (全日本学生チアリーディング選手権で全国3位入賞)
1996年〜1998年 日本のインテリアショールームにて、インテリアの基礎を学ぶ
1998年〜2000年 イタリア フィレンツェ 美術専修学校アカデミアカッピエッロにてインテリアデザインとイタリア美術を学ぶ(同時にフィレンツェの設計事務所で経験を積む)
2000年 フィレンツェにて、イタリア人男性フランチェスコと結婚、1男1女をもうける
2000年〜 現職(旅行ガイドとして及びイタリア語通訳)

image

専門分野


●フィレンツェ市でのガイディング、通訳を最も得意としております。
●フィレンツェはトスカーナ州の州都です。トスカーナ州内のガイディングもお任せ下さい(ピサ、シエナ、サンジミニャーノ、オルチャ渓谷((モンテプルチャーノ、ピエンツァ))の観光、ワイナリー巡り)
●展示場のあるミラノ、ボローニャ、ローマその他イタリア全土でのガイド
●TV,雑誌など撮影のコーディネート
●病院・医療機関等での医療通訳
●各種専門学校・社内研修等のコーディネート

image

資格


●フィレンツェ・ピサ市公認ライセンスガイド 日本語、伊語、中国語の資格を取得
●旅行業務取扱管理者(日本の国家資格)

「フィレンツエ裏スポット30」

現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)

お問い合わせ先

電話番号(イタリアの携帯番号)

39-339-547-1163

スカイプ(skype)番号

mimekataniwa

メールアドレス

firenzegaido
@yahoo.co.jp

LINE ID

Mime Firenze

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

image

代表者ご挨拶

image

はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

image

(公認ライセンスガイド免許証)

片庭未芽さんを推薦します!

image

院長 大高 功
みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい・・・

image
image
image
ソムリエと周る
本格ワイナリー見学&試飲
イタリア現地発着の添乗員サービス
image
image
image
image
image
(家族の写真)

こちらからも情報発信中!