*

イタリア人の結婚事情には実は色々あります。。。

公開日: : メールマガジン

Buon Giorno!
ボンジョルノ!
おはようございます!

フィレンツェ観光ガイドサービス& 
ブライダルフローレンス(海外挙式プランナー)

代表 片庭未芽(カタニワミメ)です。

今日も開封していただき、誠に有難うございます。

5月と言えば「Festa Della Mamma」
母の日でしたよね!

イタリアも母の日=5月第2日曜日
にカーネーションや花束をプレゼントする習慣があるんですよ!

でも。。。
日本では「父の日」が6月第3日曜日
(アメリカと一緒)ですが。。。

イタリアは何と3月19日なんです!

何故でしょうか?

イタリアはカトリックの国。

ですからキリスト教の聖人の日である
聖ヨセフの日=聖母マリアのご主人様
が「FESTA Di Papa'」父の日になります!

さて今日お話しするのは、
「興味津々!最近のイタリア人の結婚事情について。。。」

日本も最近は「晩婚化」が進んでいますが、イタリアもかなり「晩婚の国」なのです。

Eurostat エウロスタット統計によれば
2015年のヨーロッパ全体統計は
29、9歳が結婚平均年齢で
イタリアは何と「32歳」!!

(1990年は24、8歳がヨーロッパ結婚平均年齢だったので、かなり晩婚化が進んでいる証拠です)

(ちなみに日本は。。2015年においては夫は31.1歳・妻は29.4歳が平均初婚年齢)

正直言って、最近のイタリア人は
「結婚しない」カップルがとっても多いのです。

結婚しないというのは、「独身でいる」
と言うわけではなく、
「籍を入れないで、同棲する」
という意味です。

実は私の周りでも、何人かのイタリア人の友人(ママ友含め)は、「籍を入れないで、同棲して、子供もいて、家族として生活」
しています。

日本だと世間体がどうとか、
色々とあるので、殆どのカップルは
結婚して、一緒に住んで
子供を。。。という順序を踏みますよね。

しかし。。。イタリアでは、
なぜこの様な現象が。。。??

実は理由があるのです!!

1)イタリアは結婚するのは
簡単ですが(結婚届を出すだけ)
離婚するのに最低でも3年はかかるのです!

カトリックの国なので、「離婚と中絶は
罪になる為、1970年まで認められていなかったのです!!
(信じられないですよね。。。。)

2)結婚していない方が
「待遇が良い」
= 法律的には「母子家庭」
なので、(父親の住民票を実家に残しておけば)、
*保育園には優先的に入園できる、
学校の給食代も免除される

3)最近若者の失業率が34、5%(35歳以下)という最悪の数値になっている中、
「仕事のない若者」は子供を養うので精一杯。
結婚資金まで手が回らないというのが本音ということも・・・

更に、イタリアでは、カトリックの国なので、基本的には教会で結婚式を挙げますが、
もし2回目の結婚するとなると、「教会」では式を挙げられないのです。

最近、イタリア人でも「リーガル挙式」=市役所結婚式
というスタイルを選択するカップルも多くなっています。

イタリアの中でも最も人気な「リーガル挙式」の式場が、なんと、フィレンツェの市役所ヴェッキオ宮殿です!

ヴェッキオ宮殿内にあるとっても素敵な「赤の間」という広間で市長代理が挙げてくれる
とても重厚な雰囲気のウェディングです。
(実は、私たち夫婦もこのベッキオ宮殿で挙式をしました)

でも、最近このヴェッキオ宮殿の挙式を挙げているカップル(イタリア人)を見ると、
かなり、「歳をとった」カップルが多いことに気がつきました。。

おそらく、二人のうちどちらかが、「再婚」なのでしょう。(私の憶測ではありますが)

再婚になるとイタリアでは、「教会でのカトリック挙式」が挙げることができないために、
リーガル挙式スタイルをとっていると思われます。

話は前に戻りますが、「イタリアでは、離婚するのに3年かかる」と申しましたが。。

「本当なんです!」

なぜ、3年もかかるの??という質問ですが、とにかく、イタリアでは、「離婚」はお互いの同意であっても、
3年間は正式に離婚となるまで時間をかけて、「ゆっくり考えさせて。。。?考え直すかもしれない?」
という時間が必要になっているのが現実です。
(イタリアの裁判関連が、あまりに時間がかかり過ぎるという結果でもあります)

私の日本人の友人は、幼子2人を連れて、離婚までの3年もDVだった主人と一緒に暮らすことに耐えられず、
結局「夜逃げ」を決めて、日本に逃げて帰ったのを覚えております。
本当に彼女は、可哀想でした。。。逃げることは避けたかったという彼女ですが、
子供にも暴力を振るい始めたある日、彼女は決意しました。。
(私でも、同じことをしていると思います)

イタリアでは最近「離婚貧乏」という言葉があります。

男性の方が、子供と元妻を養っていくために、「養育費、家賃、その他生活費」を全て払わなければいけなくて、
自分は、一緒に住むことができないので、実家に戻るか、それが不可能な場合は、
学生のようなシェアハウスで生活し、借金を抱えて、精神的にも病んでしまうという現象です。。。

ですので、最近はイタリア人は、「籍を入れない」カップル=精神的に結ばれて入れば、
法的に認められていなくてもいいではないか。という考えの人たちが増えているのですね。

結果、結婚しないカップルが増えているという現象に
繋がっているのでしょう。。。。

編集後記>>>>>>>>

私たち夫婦も結婚して今年で17年目になります。

今まで山あり谷ありの結婚生活でしたが、離婚の極致までは迎えずに、現在に至っております。

よく、日本人の友人から、「イタリア人のご主人って、浮気者が多いでしょう?
片庭さんのご主人は大丈夫なの?」
と聞かれます。

もちろん、「心配」ではありますが、かなり、私の主人に関しては、
「確信」できることがあるのです。

何故ならば。。。。主人は全く携帯や、パソコンが使えない人なのです!

ということは、LINE(イタリアではwhatsup)のようなメッセージや
FACE BOOKなども全く使えません。

2017年にしては、「化石男」と言ってもいいぐらいなんです!

今の時代、スマホを使って愛人同士は、メッセージを送ったりしますよね??

でも主人は全くそう言った高度な文明について言っていないので、

「浮気」は無理だろう。。。!?
という変な確信があります・・・

もちろんイタリア人なので、道端で綺麗な女性に遭遇すると、
「うわー、すげーいい女!!」mamma mia che fica!
などと大声で聞こえるように言いますが、
イタリアの諺では
「吠える犬は、実際は噛まない」
といわれ、

「口ばかりの人はで実際には行動には出さない」

という意味なのですが、
本当に主人はそれに当たっているなと、思っています。(そう願いますが)

イタリアでは、「黙っている人ほど、実は、影では何をしているか、わからない・・・」と言われるんですよ!

皆様のご主人、奥様(または、恋人)は、いかがでしょうか?

結局は、「信頼」が必要ですよね!!

<<<<<<<<< オススメ情報!>>>>>>>>>>>>

****** イタリア観光の無料相談受付中!*******

これから、次の旅をお考えの貴方に!
是非、「美食&美術と歴史&買い物三昧!」のイタリア観光をお勧めいたします!
ガイドブックや、ネットでは、載っていない現地在住のフィレンツェ観光ガイドサービス代表片庭みめが、貴方の旅をコーデイネート!

イタリア5大観光都市
ローマ、フィレンツェ、ベネツィア、ミラノ、ナポリ
以外の穴場スポットまで全てオーガナイズ可能です!

まずは、メールにてお気軽にご相談くださいませ!
このメールにご返信いただくと、私代表 片庭未芽(カタニワミメ)に直接届きます。

ご相談はコチラ >>>>>>
=>firenzegaido@yahoo.co.jp

フィレンツェ観光ガイドサービスのホームページはコチラ>>>>>

=>http://guideassociation.com/

****** イタリア海外挙式をお考えの貴方に!*******

現地日本人ブライダルプランナーと創るイタリア挙式
ご相談から、挙式当日まで一貫して貴方だけのコーデイネーターが担当なので、安心です!

本場イタリアの伝統的なキリスト教会挙式でパイプオルガンに包まれながら。。。
または、歴史的建造物であるイタリア式宮殿挙式、さらに、開放的なガーデンを持つヴィッラからの絶景を背景に挙式など。。。

貴方に合わせたオリジナル挙式プランをご提案させていただきます!

無料ブライダル相談実施中!
(スカイプや、LINEでのアポイント制で行っております)

まずは、お気軽にこちらのメールにて、ご相談くださいませ!

お問い合わせはコチラ>>>>>>>
=>bridalflorence@yahoo.co.jp

ブライダルフローレンスのホームページで、挙式プランをチェック!>>
=>http://bridalflorence.com/

<<<<<<<<<<配信元情報>>>>>>>>>>>>>

フィレンツェ観光ガイドサービス 代表 片庭未芽 (カタニワ ミメ) 

Via G Silvani 10 Firenze 50125 Italia  
mobile +39-3395471163 mail: firenzegaido@yahoo.co.jp 
website: www.guideassociation.com

関連記事

イタリアの学校がやっと始まりました!

メールマガジン 2017年9月 Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございま

記事を読む

イタリア人が「世界で最も健康な国ランキング」1位!! その理由は? Espressoコーヒーにも意外な効果が!

メールマガジン 2017年8月編 BloomBergが3月に「世界で最も健康な国ランキング

記事を読む

イタリアにあって、日本にない「不思議なもの」!!こんなの日本で見たことない!

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ

記事を読む

イタリアの学校は3ヶ月の夏休みがあるってマジですか??

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ

記事を読む

イタリアの有名な航空会社アリタリアに なるべく乗りたくない理由

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ

記事を読む

イタリアでは、「お客様は神様」では無く、 「店員が神様」なのです!!

Buon Giorno!  > ボンジョルノ!  >

記事を読む

イタリアの「恐怖の病院」事情: 一度入ったら、2度と出てこれない!?

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます!

記事を読む

イタリアのサッカー好きは病気の1つ!?

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ

記事を読む

イタリア人は日本人と日本食が大好き!

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ観光ガイドサー

記事を読む

イタリアでこんなに「スリ」が多いのは何故? イタリア警察と犯罪の関係 について

Buon Giorno! ボンジョルノ! おはようございます! フィレンツェ

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    firenzegaido@yahoo.co.jp
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!




  •