*

画家ボッティチェッリの華やか!ルネッサンス美術見学

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 コース内容と費用

アーティストで選ぶコース:
“天才画家ボッティチェッリをもっと見たい!!

メディチ家のお抱え芸術家ボッティチェッリの美しい名画の背景とは!?

本名alessandro filipepi(アレッサンドロ フィリペーピ)通称 サンドロ ボッティチェッリと呼ばれるルネッサンスの天才画家。ウッフィツィ美術館に訪れる殆どの観光客の目的は、彼の最高傑作と言われる「ヴィーナスの誕生」であります。
ルネッサンス時代の芸術家のスポンサーとなったメディチ家のロレンツォ豪華王に仕えた彼は、その当時、最も繁栄を迎えていたフィレンツェの街に於いて名声を成し遂げます。そんな時期に描かれた彼の二連作と言われる「ヴィーナスの誕生」と「プリマヴェーラ」(春)は、そんな絶頂期の彼の心理や、当時の豪華さ美しさを反映しているとも言っても過言ではないでしょう!
しかし、そんな背景には、フィレンツェの影と光の時代が待ち受けています。。。。厳しい修道士サヴォナローラの登場や、メディチ家のロレンツォ豪華王の死等、ボッティチェッリの周囲では、大変な変化の時期が訪れる事になります。。。。そんな彼の波乱万丈な人生は、フィレンツェの彼の他の作品を見比べながら語る事によって垣間見る事ができるのではないでしょうか?そんな、ボッティチェッリ好きの方には、オススメのテーマコースです!

行程詳細(順序はホテルや、スタートの位置関係で前後する事がございます)

image観光スポット1:ボッティチェッリの生まれた町フィレンツェを散策
ルネッサンスの代表する芸術家達、ミケランジェロやレオナルドは、実はフィレンツェ出身ではありません。ミケランジェロはフィレンツェから東のカプレーゼ、レオナルドは西側のヴィンチ村出身です。実はこのボッティチェッリは、ここフィレンツェ生粋の地元っ子。もともと彼の家族は金細工師の職人だったと言われ、彼の兄弟も職人レベルのアーティストだった事で知られている。そんな、職人の街であるフィレンツェを歩きながら、当時のボッティチェッリの生きた街を散策して、彼の人生についてお話します!(写真は、ウッフィツィ美術館所蔵のボッティチェッリの自画像:東方三博士の礼拝の一部に登場する彼の姿)
image観光スポット2:ボッティチェッリの作品が充実!ウッフィツィ美術館
やはり、彼の作品が一番沢山展示してあるのが、なんといってもここ、ウッフィツィ美術館。有名なヴィーナスの誕生や春という大作だけではありません。一番大きな展示室には、彼の初期の作品から、晩年期の作品まで数多く鑑賞することが可能です。
ギリシャ神話をテーマとした、ヴィーナスの誕生等の華やかさと、彼のキリスト教をテーマとした宗教画が並ぶ中でも、人気の作品はこの写真の「マニフィカットの聖母」:聖母が本を開いている中の聖歌が、「偉大なる神をたたえる」=マニフィカットという歌詞をさしているので、この題名が付けられたそうです。
ボッティチェッリの送った時代のフィレンツェの光と影。。。そんな歴史と興味深いエピソードを交えながら、美術鑑賞をご案内します!
image観光スポット3:オンニサンティ教会とサンタマリアノヴェッラ教会のフレスコ画を鑑賞
ウッフィツィ美術館は、板版やキャンバス地の上に描かれた持ち運びできる作品が鑑賞できますが、実はボッティチェッリの作品は、フィレンツェの教会の中にも伺う事ができるのです!このアルノ川沿いの教会であるオンニサンティ教会には、彼のフレスコ画である、「聖アゴスティーノの書斎」という興味深い作品があります。 フレスコ画になると、全くテクニックが違ってくるので、それぞれの画家の得て不得手が顕著に表れてくるものです。そんな彼の小さなジョークテクニックが入ったフレスコ画をご案内します!
image観光スポット4:こんなところにも彼の若い時の作品が!:アカデミア美術館
アカデミアと言えばやはりダヴィデ像の印象でしょう。しかし、こんな有名な美術館にも、ボッティチェッリの作品が置いてあったのです!しかも彼の若い時の貴重な作品である、「海の聖母」です。まだ、師匠であるフィリッポリッピから独立したばかりの彼の聖母子像は、師匠の筆のタッチをそのまま受け継いでいる時代(まだオリジナリティーが出る前の時代)。そんな彼のあどけなさの中に、背景に現れる海の風景。。。穏やかな海は、ボッティチェッリの聖母子像の中で唯一海を取り入れている作品として知られています。
image観光スポット5:やはり、最後にたどりつくのはヴィーナスの誕生
この作品は、多くの人の心を魅了して、フィレンツェの必見美術の一つ(イタリアのと言ってもいいでしょう)となっております。しかし、見るものが多すぎるウッフィツィ美術館ではあっという間に、この作品を見て次に移動。。。。という観光客が多い中、じっくりともう一度この大作を鑑賞する事をお薦めします!


お薦めコースランキング

ランキング1位 やっぱり美術鑑賞コース

初フィレンツエの方にはお勧めです!フィレンツェの必見スポットを丸ごと網羅した行程半日観光(約3時間コース)または一日(7時間コース)が選べます!<見学場所例>ドウオーモ(花の大聖堂教会)-シニョーリア広場ーヴェッキオ橋ーウッフィツイ美術館-ミケランジェロ広場等

詳細をみる

 

ランキング2位 ほっと一息トスカーナ州

斜塔で有名なピサの町は海洋帝国として知られ、”奇跡の広場”には、その繁栄を残すドゥオーモや洗礼堂がそびえ立っています。またガリレオの出身地としてピサ大学(イタリアで4番目に古い大学)も今でも健在です。<見学場所例>ピサ斜塔 ◆シエナ・サンジミニャーノ ◆オルチャ渓谷 ◆キャンテイ地方 ◆チンクエテッレ ◆ルッカ ◆アレッツオ等
詳細をみる

 

ランキング3位 職人工房見学・体験もの

フィレンツエは昔から職人さんの腕がいいのでこれだけたくさんの有名ブランドの工場があるのです。ハイヤーを利用して沢山廻ることもできますし、工場によっては公共機関を利用していくことも可能です。
<見学場所例>アウトレット(グッチ・プラダ)から、皮細工・靴職人等の工房見学・イタリアン料理・語学教室・ワイナリー見学、乗馬体験等

詳細をみる

 

 


関連記事

コース1 パレルモ観光必見スポット

◆初シチリア&パレルモの方にはお勧めです! シチリアの魅力ある街パレルモの必見スポッ

記事を読む

テルメ&スパ体験!

テルマエロマエの国でイタリア式の温泉に入ってみましょう! イタリアといったら「

記事を読む

芸術家のアトリエでアート体験!

アートコースは、一日体験からでも1週間でも体験コースが選べます! ルネッサンス

記事を読む

no image

コース2: 可愛いTRULLIのアルベロベッロの町観光

南イタリアで最近特に人気のアルベロベッロの街は、「御伽の国」のような可愛いトゥルッリの街

記事を読む

コース1: 洞窟住居の町マテーラ

南イタリアの「バジリカータ州」にある「MATERA マテーラ」は イタリアでは別名 ”石の町”と

記事を読む

コース4 ロマンチックな「アマルフィ海岸」堪能コース

映画「アマルフィ」で一躍有名になったアマルフィ海岸は、断崖絶壁の厳しい地形をうまく利

記事を読む

コース3 カプリ島で神秘的な「青の洞窟」見学コース

半日観光(4時間)または 一日観光(8時間)となります。 <見学場所例>

記事を読む

コース2 ナポリ&ポンペイ遺跡 一日満喫コース

ナポリと、ポンペイ遺跡一日観光で丸ごと見学!「必見スポット」満喫コース 1日観光(

記事を読む

コース1 ナポリ必見スポット 大道コース

1)スタンダード「必見スポット」コース(半日観光(3時間)となります)

記事を読む

コース4  ヴェネツィア穴場スポット!コース

ガイドブックには載っていないヴェネツィアを散策! 観光客で溢れるサンマルコ広場

記事を読む

  • フィレンツエ裏スポット30

    現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)
  • お問い合わせ先

    電話番号(イタリアの携帯番号)
    39-339-547-1163
    スカイプ(skyspane)番号
    mimekataniwa
    メールアドレス
    firenzegaido@yahoo.co.jp
    LINE ID
    firenzemime
  • LINEでのお問い合わせ

    LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

  • 代表者ご挨拶

    はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
  • 公認ライセンスガイド免許証

  • 片庭未芽さんを推薦します!

    横浜相鉄ビル眼科医院
    院長 大高 功
    みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい…
  • こちらからも情報発信中!




  •