3000年の歴史の街、ヴォルテッラ

ヴィッラノヴィアーノ(先史)時代から人が住み、エトルリア時代には豊富な鉱物資源を背景に中部イタリアで最も栄えた国の一つになり、ローマ時代〜中世〜ルネッサンスの遺産を今も数多く残し、1800年〜1900年代初頭、アラバスター工芸品の輸出で世界に進出した街、ヴォルテッラ。 現在の主要な交通網からは外れているため、陸の孤島のようになってしまいましたが、3000年間都市として栄えた、そして現在でも小さいながらもちゃんと町としての機能も果たしている所です。 交通の便の悪さから、日本人の方はほとんどいらっしゃいませんが、自家用車やレンタカーで旅行する欧米の方の間ではトスカーナの中でも人気の街です。

ハイヤーで、フィレンツェから南に自動車専用道路を下り、コッレ・バルデルサから一般道を西へ向かいます。
遠くにサン・ジミニャーノを望んだりしながらのドライブを続けると、やがてこのような風景の中にいます。日本ではまず見かけない「乾燥しすぎず乾燥している 丘陵地帯、時々羊の群れも寝そべっています。

フィレンツェから約1時間半、ヴォルテッラの「自由のための殉教者」広場に着きます。
そこから、このような街の風景と、今まで走ってきた丘陵地帯が足元に広がる風景が望めます。
印象的な形の建物は、13世紀に建設された大聖堂前に立つ八角形の洗礼堂です。
ご覧の様に、街の中はほとんどがこのベージュ色の石造りで、まるで映画のセットの中にいるか、タイムスリップした気分になります。

 

それで、まさにここをセットとして使った映画が、世界中のティーンを夢中にさせたかっこいい吸血鬼、エドワード君の「トワイライト」シリーズの「ニュームーン」・・・私は見ていないのですが、うちの娘が詳しく語ってくれました!

そして、おもいっきりタイムスリップさせてくれるのが、このアッラルコ門です。
この門のアーチ部分(大きいブロック部分)はなんと、エトルリア時代の2500年ほど前に造られたものなんです!
それを補強、補修しながらヴォルテッラの人達が守り抜いて今もこうして私達のまえに建っている!この石を触るたびに、この歴史の大きさに圧倒されます。

それから、これもまた古い!紀元前一世紀、ローマ時代に建設された劇場の遺跡です。
紀元後3世紀には温泉施設も造られました。
長い間忘れ去られて埋まっていたものを1950年代に発掘されました。
ここで見つかったものの多くは、グアルナッチ考古学博物館に収められています。

中世の建築物では、12世紀〜13世紀に建てられた大聖堂や、13世紀半ばに建設されたプリオーリ宮殿があります。プリオーリ宮殿は、その後に建築された多くの市庁舎宮殿のモデルとなったものです。

そして、1400年代にフィレンツェ、メディチ家ののロレンツォ豪華王の命によって建てられたのがこのメディチ要塞。
現在は、刑務所として使われています。

そのほかにも、市立絵画館にはルネッサンスやマニエリズムの巨匠たちの絵があります。
中で一番有名なのが、ロッソ・フィオレンティーの「十字架降下」です。
多くの人物を配色や位置、ポーズによって十字架を中心にして見事にまとめ上げています。

グアルナッチ・エトルリア博物館(考古学博物館)は、ここを知るまであまり考古学博物館が好きではなかった私をもファンにしてくれました。
その名のとおり、ヴォルテッラで見つかったエトルリア文明の遺物を中心に、その前の時代、ヴィッラノヴィアーノ(先史)時代、それからローマ時代のものが展示されています。
特にエトルリアの骨壷の数がスゴイ!です。
骨壷といっても、電子レンジを少し大きくしたくらいの大きさで、とても装飾性があり、その装飾のテーマごとに展示されています。 そして蓋が人の形をしたものがほとんどで、これが味があります。
中で一番味があるのが、このご夫婦の蓋。
顔にリアルにしわの刻まれた、良いお年のご夫婦。奥さんが旦那さんを見つめているんです!紀元前一世紀のものなのにですよ!!
きっと先に亡くなった愛するだんな様を思って、作らせたのでは・・などと思いをはせてしまいます。

その他にも、詩人のダヌンツィオによって、「夕暮れの影」という題がつけられた、紀元前3世紀のブロンズ彫刻は、まるで現代彫刻のような面白さ、美しさです。

 

さて、そろそろお土産をみにいきましょうか。 ヴォルテッラ名物は、ずばりアラバスターです!

石なのですが、まるで大理石のようなもの、透明感があり中世にはガラスの代わりに使われていたもの、琥珀のような色合いのもの、グレー系のもの等があり、大きな壺のようなものから、小さなアクセサリーまで、さまざまなものが作られています。

我が家には、アラバスターのカラフル卵と本物そっくりの果物のコレクションがあります。 最近は、こんなお茶目な「割れた卵」もあったりします。

ヴォルテッラには今もアラバスター製品を作っている職人さんの工房兼店舗がたくさんあります。
またアラバスターの博物館もあるんですよ。
1800年代にヴォルテッラで作られた芸術品の大作は、フィレンツェのピッティ宮殿の近代絵画館内にも多く展示されています。

いかがですか、ご一緒にヴォルテッラを訪ねてみませんか?
きっと他にはない、見た事、感じた事のないものがみつかるとおもいますよ!

 

「フィレンツエ裏スポット30」

現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)

お問い合わせ先

電話番号(イタリアの携帯番号)

39-339-547-1163

スカイプ(skype)番号

mimekataniwa

メールアドレス

firenzegaido
@yahoo.co.jp

LINE ID

Mime Firenze

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

image

代表者ご挨拶

image

はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

image

(公認ライセンスガイド免許証)

片庭未芽さんを推薦します!

image

院長 大高 功
みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい・・・

image
image
image
ソムリエと周る
本格ワイナリー見学&試飲
イタリア現地発着の添乗員サービス
image
image
image
image
image
(家族の写真)

こちらからも情報発信中!