コース2  丸ごと!ヴェネツィア観光必見スポット 満喫コース

1) スタンダード「必見スポット」コース

4時間観光となります。

初ヴェネツィア観光の方で、全てを網羅したい方にはお勧めです!

ヴェネツィア観光の必見スポットをじっくりと鑑賞したい方のための行程。

なかなか自分では行き難いスポットにも、スムーズに皆様の専属個人ガイドがご案内。

一日でこんなにたくさんのスポットが見学することができる欲張りコースです!
4時間観光コース

  

<見学場所例>
サンマルコ寺院、サンマルコの鐘楼、ドゥカーレ宮殿、(または、ヴェネツィア派絵画の巨匠たちの作品コレクションである、アカデミア美術館)、リアルト橋、サンマルコ広場、ため息橋、憧れのゴンドラ周遊!ヴェネツィアングラス工房見学など

<ガイド料金>
48,000円/4時間観光

 

初ヴェネツィアの方にはお勧めです!
ヴェネツィアの必見スポットを丸ごと網羅した行程 
ヴェネツィアの町の必見スポットを効率よく、全て見どころをご案内しながら、歴史や裏話を専属ガイドが、皆様のペースやご希望に合わせてご案内します。 団体ツアーでは味わえない、個人ガイドさんがご案内してくれるからこそ!この町の歴史や美術史だけでなく、地元の人の生活などのお話も聞くことのできる、大変わかりやすいベーシックな行程です。

一日観光(約4時間コース)

※48000円(この料金には、諸経費:入場料、ゴンドラ料金、その他)は含まれておりません。

※教会、宮殿などは、宗教行事や、閉館日がある場合は、入場不可能な場合がございます。その時は代替えのほかのモニュメントに変更することができます。
※ゴンドラ周遊は、ガイドさんが交渉までしてくれてその後は、お客様だけでゴンドラ周遊となります(ガイドさんはお見送りさせていただきます)

 

ガイド料金: 40,000円(4時間)

 

見学行程プラン一例

1)ヴェネツィア中心地!サンマルコ広場

ヴェネツィアの宗教的なシンボルである、サンマルコ寺院の前に広がる、大きな広場で、シーズン(3月から11月にかけては)多くの観光客で賑わい、高級カフェが立ち並び、カフェ毎にクラッシック音楽コンサートが行われているヴェネツィア随一の観光スポットです。

そんな広場にも数々の歴史が刻まれており、サンマルコの鐘楼から、時計台、立ち並ぶ中世の建物の足跡を、専門ガイドがご案内いたします!

 

2)ヴェネツィアの宗教と権力の象徴 サンマルコ寺院「basilica di san marco」

11世紀ごろ、地中海を征服したと言われるイタリアの4大海の都市国家ヴェネツィアは、コンスタンチノープルからヴェニスの商人たちが持ち帰ったと言う、福音者聖マルコの聖遺物をこのヴェネツィアの一番重要な教会の中に入れると言う目的で建設されたのが、このサンマルコ寺院です。

右写真>>>>サンマルコ寺院内部の主祭壇と美しいモザイク画

さて、内部に入って、まず驚くのが、絢爛豪華な内部装飾のモザイク画です! じゃあ、モザイク画って、いったい何で作られているのでしょうか? ヴェネツィアと言えば、「ヴェネツィアングラス」 そのガラスの破片「tessele」と言われる者を、デザインによって、嵌め込んでいくと言うアートがこの「モザイク画」なのです。 モザイク画は、サンマルコ寺院の、天井から、壁まですべて埋め尽くしている装飾となっており、教会内部に入ると、金キラの眩い色彩と、ビザンチン様式の、宗教的デザインに囲まれ、この世のものとは思えない、美しさを放っております!

(備考:宗教行事、祝日、日曜日のミサの際には、一般の観光客の入場は禁止されておりますので、外観からの見学となります。)

 

3) ドゥカーレ宮殿 palazzo ducale

カナルグランデ(大運河)から、見える一番大きな宮殿が、このピンクと白の大理石の装飾で覆われた、ドゥカーレ宮殿です。 宮殿内は、宮殿博物館として入場することができます。 特に、ヴェネツィア共和国時代の繁栄を残す政治的権力者「doge」ドージェのシンボル的な宮殿出会った場所なので、見所も沢山あります。 ヴェネツィア派絵画の巨匠ティツィアーノ、ティントレット、らの作品も所蔵しているほか、この宮殿は、政治、裁判、そして、監獄にも使われた場所でもあるので、 地下牢の方も見学することができます。 有名なカサノバも、この牢から脱獄したことで知られております。

 

4) 溜息橋 ponte dei sospiri

ドゥカーレ宮殿の横に掛かる小運河を跨いでいるこの小さな美しい橋。 「溜息橋」というくらいなので、まるで、恋をしたカップルが、この橋を見て、うっとりとため息をつく。。。。?なんて思われている観光客の方も多いのですが、実はそうではありません! このドゥカーレ宮殿が、行政、裁判という、政治の権力の象徴であった時代から、この宮殿で、「有罪」を言い渡された、無期懲役犯は、この橋を通って、地下牢へと向かった通り道なのです。 無期懲役犯は、この橋の格子窓から、この世で見るであろう最後の外界の様子を見ながら、「溜息」をついた。。。。という、大変悲しい運命の橋なのです。。。。

 

5)ヴェネツィアに来たら、やはりゴンドラ周遊は欠かせません!

ヴェネツィアと言ったら、やはり、ゴンドラ周遊ですよね。 「ゴンドラなんて、ディズニーシーでも乗れる」と思って、乗らない方も多いですが、 是非、一度本物のゴンドラ周遊を味わって見てくださいませ! エンジンの無い、手漕ぎのゴンドラは、ゆっくりと、canaleカナーレ=運河を進み、徒歩では通れないヴェネツィアの「水の都」の本来の意味を体験できる、そんな素敵な時間になること間違えありません。 ゴンドリエーレと言われるゴンドラ漕ぎは、結構、不愛想な方が多いですが、タリフはほとんど設定されているので、ボラれるなんてことはありません。 彼らが機嫌のいい時は、運よくcanzoneを歌ってくれたりサービスしてくれたりするかもしれません!?(しかし、義務ではありませんので、歌えないゴンドリエーレもいます)

 

6)リアルト橋

このヴェネツィアを流れるカナルグランデ「大運河」を渡るために、12世紀の頃は、只の渡し船を利用していたと言われています。

本当の木造の橋が建設されたのは、1250年ごろになってからです。

メルカート(リアルト橋近くの市場)が重要性を増してきたのを背景に、 船が橋の下を通ることができるような高さに建設されてから、「リアルト橋」という名前が付けられたそうです。

しかし、木造の橋は、何度も、壊れ、修復され、また、崩れと言う紆余曲折の歴史を繰り返し、1503年には、石造りの橋が初めて建設されることになりました。

当時の有名な建築家がコンペに参加して、それぞれの、建築プロジェクトがプレゼンテーションされましたが、その中でも、イタリア中でも人気のあった、

Jacopo Sansovino(ヤコポサンソビーノ)Andrea Palladio(アントニオパッラーディオ)il Vignola,(イルヴィニョーラ)などが、名前を連ねていたと言う記録が残っています。

今現在の石造りの橋は、 Antonio da Ponte アントニオダポンテと言う建築家が、自分の孫 Antonio Contin,アントニオコンテインと一緒に 1591年に、建築完成したものが現存しています。 現在の橋は、木造だったころの橋とほぼ同じ造りを残しているそうです。

(橋の上の緩やかな階段や、橋の両側のお店の商店街、全ての橋の上は、屋根で覆われているなどの特徴)

当時は、この橋は、エンジニアの計算からして、すぐに崩壊すると言われたこともありますが、未だに、現存する美しい橋は、ヴェネツィア建築の優美さをもたらすモニュメントとして、観光客のメッカとなっています。

 

7)アカデミア美術館

「Le Gallerie dell'Accademia di Venezia」 ヴェネツィアのアカデミア美術館は、イタリア国立美術館であり、14世紀から、18世紀のヴェネツィア、ヴェネト地方の芸術家の作品コレクションを誇る美術館として知られています。

特に、代表作のアーティスト名は、Giorgione,ジョルジョーネ、 Giovanni Bellini, ジョバンニベッリーニ、Vittore Carpaccio,ヴィットーリオカルパッチョ、 Veronese ヴェロネーゼ, Tintorettoティントレット e Tizianoティツィアーノなどが挙げられます。

また、ヴェネツィア派絵画だけでなく、彫刻、デザイン、その他のアートのコレクションもあり、中でも、ルネッサンスの天才芸術家、レオナルド ダ ヴィンチのデザインUomo vitruviano di Leonardo da Vinci 「ウィルトゥウィクスの人間像」は有名ですが、常時展示ではなく、特別展の時にだけ、展示されます。

 

8)ご希望であれば、ヴェネツィアンガラス工房見学も、ご案内させていただきます!

 

 

 

「フィレンツエ裏スポット30」

現地在住ガイドが教える!イタリア・フィレンツエ・トスカーナ旅行に出発する前に、これだけは知っておきたい穴場スポット(観光場所・レストラン・トスカーナのお薦めスポット)

お問い合わせ先

電話番号(イタリアの携帯番号)

39-339-547-1163

スカイプ(skype)番号

mimekataniwa

メールアドレス

firenzegaido
@yahoo.co.jp

LINE ID

Mime Firenze

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ・ご相談などはこちらからどうぞ!

image

代表者ご挨拶

image

はじめまして! 現在フィレンツェ在住の公認ライセンスガイド片庭未芽(カタニワ ミメ)と申します。 FIRENZEやTOSCANAに個人旅行でこられる方に、パッケージツアーでは絶対味わえないこの地方のすばらしさを体験していただけると思います。 日本から来て下さり、私を指名して下さった皆様に、支払っていただいた金額以上にご満足ただけますよう、誠心誠意勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

image

(公認ライセンスガイド免許証)

片庭未芽さんを推薦します!

image

院長 大高 功
みめさんは妻の友人です。その縁で、イタリア旅行でお世話になりました。 フィレンツェはすばらしいですが、みめさんの案内があれば、ガイドブック片手に歩くより何倍もすばらしい・・・

image
image
image
ソムリエと周る
本格ワイナリー見学&試飲
イタリア現地発着の添乗員サービス
image
image
image
image
image
(家族の写真)

こちらからも情報発信中!